IKAメーター 〜集団ストーカー&電磁波攻撃〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ストーカー規制法

<<   作成日時 : 2011/07/14 02:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このストーカー規制法を考えた馬鹿はどこの誰なんでしょうか。

ブルガダ症候群」もそうですが、「心臓に異常はないが電気系統異常で突然死ぬ。けっこうあること」なんてことをサラリと言ってますけど、ちょっと考えれば「突然死に見せかけた殺人が容易にできそうだ」と思うハズで、「ならば(法整備などの)対策が必要だ」とも思うハズですが、「都合よく考え付かない」。

このストーカー規制法も要するに、「恋愛などのもつれにより、ハッキリ加害者が分かっていて、加害者自らが嫌がらせをしている場合に限り、我々警察は動きます」とまあ、自分たち警察を「それ以外は知りません」と規定しているということであって、被害者を守ろうなどという意味合いは薄いものとなっています。
それでさえ「加害者が第3者に頼んで間接的に嫌がらせしてもらう」だけでもう取り締れないと、ちょっと考えればわかりそうなものですが、「都合よく考え付かない」。

この「都合よく考え付かない」は当然ながら皮肉で、何かしらの圧力によりザル法にされていると考えざるをえないわけですが、そのことに、ほとんどの国民は気が付いていない、などということはなく、余程でない限り気付いているようです。
※ただし集団ストーカーの話には「考えすぎだよ」的なことを言うようにされているようです。

そもそもこの「法律を調べようという気になれない」のも実はマインドコントロールだと思わずにいられないくらいイライラしますし、結局のところ、自分が被害に遭ってみないと、あるいはそこに利益が発生しない限り、何も調べもしないのだなと、自分自身も含め、今更ながら思ったりしています。
人は利害によってしか動かないというならば、宝くじで3億円当てて「集団ストーカーを暴いてくれた人に3億円差し上げます!」といった方法で案外瓦解するのでしょうか(笑)


と言いますか、「人は利害によってしか動かない」という価値観は、この集スト問題にとってかなり重要であり、引っ掛かる部分です。
これがあるので人は合理で物事を考えた末、集団ストーカーを信じてもらえないのでありますが、、、、、
話しがそれてきたので続きはまた明日(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストーカー規制法 IKAメーター 〜集団ストーカー&電磁波攻撃〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる