IKAメーター 〜集団ストーカー&電磁波攻撃〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝まで生テレビ

<<   作成日時 : 2011/07/24 01:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日放送した「朝まで生テレビ」はご覧になりましたか?
テーマは「原発」でした。

まずおかしいのが、この番組は通常月末の金曜深夜なのですが、なぜか一週早く放送しました。
番組表は「未定」になっており、見逃すところでした。

おかしいところ二つ目、この回は生放送ではなく、直前に撮ったものを編集して放送している点です。
タイトルが嘘になっています。
(なぜか視聴者のFAXコーナーがあります(笑))

少々の隠蔽の実態が露わになりますが、今更なので内容については語りません。

これは、もはや論争ではありませんでした。
イタリア人ジャーナリストは「この国は本当に国民主権か? 政府は国民を見ているか?」的な話をしたそうでしたが、ほとんど話をさせてもらえませんでした。

番組を見ていて、集団ストーカーについて情報を調べている被害者なら色々気づくはずです。
原発の利権、国の異様な行動、その歴史などについて、疑問をなげかけたり、暴露や批判をしようとする論者は妨害ばかりされていました。

妨害とは以下のようなものです。

・「今その話はいらない」と抑制する。
・突然CMに入る。
・そっち側の論客(般若のような顔をしています)が割り込んで話しだす。(その際は話をそらしたり、訳の分からないことを言う)
・べつにおかしくもないのにみんなで嘲笑し、論者が頭がおかしいかのような印象操作。
・スタッフや見物学生の大きな咳払い。合図のようです。論客がポーズで合図を送っていることもある。


今まで気づきもしませんでしたが、あの後ろにいる観客、あれは論客の話を「なるほど」と聞いている社会問題に熱心な学生ではありません。

あれは「監視の目」であり、「余計なこと言うなよ」という圧力なのです。
そして、反体制的なことを発言すれば「おかしなことを言う人」という印象を与えるために、嘲笑するための動員だったのです。
「咳払い」という手法もお馴染みですね。


色々なことに気付いて改めて見ると、本当に気持ち悪い番組ですが、まだまともな論客が出演していることを考えればまだ手遅れではないのかもしれません。

なお、政府(政治)の批判はOKのようです。
「政治家は公務員という大蛇のウロコ」(前阿久根市長の話)という意味を考えれば、まあ当然でしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝まで生テレビ IKAメーター 〜集団ストーカー&電磁波攻撃〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる