IKAメーター 〜集団ストーカー&電磁波攻撃〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「痛み送信」対策2

<<   作成日時 : 2011/06/15 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

■「痛み送信」対策

電磁波攻撃「痛み送信」対策
はなかなか効果ありますよ。

電磁波攻撃がくるとスピーカーにノイズが乗るようにしているのですが、帽子を被っていると電磁波が利かないので、加害者はもう狂ったように必死にパチパチやってます。
ときどき隙間から電磁波が脳に届いてしまうのですが、ちょっと頭の角度を変えたりすれば避けられます。

わかったことですが、痛みなどを送信されて、例えば今筋肉がピクピクなっている、今わき腹がズーンと痛む、などが加害者にはわかるようです。
そうでないと、隙間から脳に届いた、つまり有効だった周波で送信を続けることが不可能だからです。

そこで、あんまりしつこいので凶悪な死神のイメージを浮かべて逆送信、加害者が死神に握りつぶされるイメージを送信してやったらかなり焦っていた模様です。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■対策タイミング

このような対策を行う場合ですが、コツを少し言いますと、できるだけ分からないように行ってください。
ブログなどに書かないほうが良いです。(私の場合はもう仕方がないのですが)

具体的には、何でもそうですが、例えばアルミや電磁波クロスなど買ってきてすぐに使用しないことです。
1〜2週間後など、忘れたころに気付かれないようにサッと行います。
わかりやすいことをこちらがしても、それに対してまたカウンターをとられてしまうんです。

カメラなどの証拠とりでも同様で、いきなりやったり、しばらく何もしなかったりと、加害側に予測させない、油断を誘うようにしてください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■反撃

逆アンカリングも有効かもしれません。
電磁波がきたら「ウェッホン!」と咳払いをするなど、逆にアンカリング、加害者側を条件付けするのです。
加害者が「電磁波を送ったら咳払いをされる」といつも考えるようにします。

おそらく加害者は2〜3交代制で複数います。
何時に交代するのか、攻撃の途切れ、パターンの違いを観察しておき、どちらにも条件付けしましょう。

集団ストーカーへの反撃ですが、こちらからすれば相手は何十何百人ですから多勢に無勢です。
なので、逆ターゲットは一人に絞ります。

例えば、前を通ると騒音を出してくる民家があります。
相手はこちらを見張って待ち構えているので、そこを通るときは必ず決まった動作をするようにします。
例えばそこだけ毎日欠かさずカメラで撮影をします。

とはいえ、反撃はあまりお奨めはしません。



以上。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「痛み送信」対策2 IKAメーター 〜集団ストーカー&電磁波攻撃〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる