IKAメーター 〜集団ストーカー&電磁波攻撃〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 隣人を精神病院に叩き込んだのは私でした

<<   作成日時 : 2011/04/23 01:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先に言っておきますと、「集団ストーカー」というものを知ったのは、この3月のことです。

−−−−−

4年ほど前まで住んでいた、横浜市神奈川区での話です。
1フロア3戸6階建ての賃貸マンション。6階の真ん中、602に住んでいました。
下の階にはしばらくして、そのとき勤めていた会社の新人(直属の部下)が入ってきました。


住み始めは右隣も左隣も本当に静かな人達でした。
左隣は1年ほどで住人がコロコロ変わりましたが、まあ普通の人達でした。

ある頃から右隣の人が、ベランダで何かつぶやくようになりました。
やがて深夜に叫ぶようになり、玄関前の廊下で棒を振り回すようになりました。
「○○学会、○○党このやろう」などと言っていたと思います。
こちらの部屋の前に来るときもあり、私を疑っているような気配がありました。

恐くなってオーナー(分譲なので各部屋にオーナーがいる)に相談しました。
とても親身になってくれて、今度暴れたら近くの交番に電話すれば即来てくれるように手配してくれました。

その時の話では、現行犯や暴れた証拠がないと、対処が難しいということでした。
幸い(?)色々なところに棒で叩いた跡があったので、通報すれば、警察が部屋に踏み込んで、凶器があれば逮捕できる状況でした。


そして、ついに暴れたので交番に通報しました。

警察は凄く手際が良かったです。待ち構えていたとでも言わんばかりに…。
警察は私に対しては、ちょっとドア開けて「これから踏み込みます」と言っただけです。(その後も何もなし)

警察が3人、部屋に侵入、即連れていかれました。
下には、救急車的なものが来ていました。
報復などを恐れていましたが、その人は二度と帰ってきませんでした。


今考えると、ラップ音有り、深夜に屋上で金属の扉のような音がなる、どこからかわからない壁を叩く音などがありました。
そもそもそこは駅が近く、4時〜25時まで電車が通るたびに揺れたり、騒音が酷いところでしたので、あんまり気にしてなかったです。


そう、右隣の住人はおそらくは集団ストーカーの嫌がらせにより精神的に病み、そして精神病院送りのトリガーを引いたのは、何の因果か私なのでした!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
隣人を精神病院に叩き込んだのは私でした IKAメーター 〜集団ストーカー&電磁波攻撃〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる